コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

調老人 つきの おきな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

調老人 つきの-おきな

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
祖は百済(くだら)(朝鮮)からの渡来人持統天皇3年(689)撰善言司(よきことえらぶつかさ)に任じられる。文武天皇4年大宝律令制定の功で禄をさずけられた。大宝元年(701)8月に正五位上を追贈されており,それ以前に死去したとおもわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

調老人

没年:大宝1?(701)
生年:生年不詳
7世紀後半の官人。姓は忌寸。大宝律令の編纂に参加。持統3(689)年6月,『善言』という書物を編集するための官職撰善言司 に任じられた。文武4(700)年6月,刑部親王(忍壁皇子)以下19人が大宝律令の編纂に対して禄が与えられたが,老人もそのなかに名がみえる。大宝1(701)年8月,正五位下を追贈された。

(清田善樹)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

調老人の関連キーワードあすか飛鳥官吏

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android