コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撰善言司 せんぜんげんし

世界大百科事典 第2版の解説

せんぜんげんし【撰善言司】

日本古代に,先人の善言を集めて教訓的歴史書を撰上しようとした官司。689年(持統3)6月,施基(しき)皇子以下7人の文才ある官人を任命して発足。南朝の宋の范泰が著した《古今善言》30巻にならい,皇孫の軽皇子(後の文武天皇)ら皇族や貴族の子弟の修養に役だつ書物を編集しようとしたが,完成しえずに解散。しかしその稿本は《日本書紀》編集のさいに利用された形跡がある。【青木 和夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

撰善言司の関連キーワード伊余部馬飼伊余部馬養佐味少麻呂施基皇子志貴皇子調老人

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android