コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

撰善言司 せんぜんげんし

1件 の用語解説(撰善言司の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せんぜんげんし【撰善言司】

日本古代に,先人の善言を集めて教訓的歴史書を撰上しようとした官司。689年(持統3)6月,施基(しき)皇子以下7人の文才ある官人を任命して発足。南朝の宋の范泰が著した《古今善言》30巻にならい,皇孫の軽皇子(後の文武天皇)ら皇族や貴族の子弟の修養に役だつ書物を編集しようとしたが,完成しえずに解散。しかしその稿本は《日本書紀》編集のさいに利用された形跡がある。【青木 和夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

撰善言司の関連キーワード大静脈頭を集める訓話善言先人稗官額を集める書集める人に善言を与うるは布帛よりも煖かなり吉田晶

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone