コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪忠晴 すわ ただはる

1件 の用語解説(諏訪忠晴の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諏訪忠晴 すわ-ただはる

1639-1695 江戸時代前期の大名。
寛永16年8月21日生まれ。諏訪忠恒(ただつね)の子。明暦3年信濃(しなの)(長野県)高島藩主諏訪家3代となる。父の遺領3万2000石のうち,2000石を弟頼蔭,頼久に分与。「本朝武林伝」を編集。詩文,絵画,能楽などにもひいでた。元禄(げんろく)8年3月2日死去。57歳。通称は右京。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

諏訪忠晴の関連キーワード中川久恒上杉綱勝織田秀一小出英知小出英長酒井忠恒(1)忠尊永井直種成瀬之虎前田利慶