コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右京 ウキョウ

デジタル大辞泉の解説

う‐きょう〔‐キヤウ〕【右京】

内裏から南を向いて右側の意から》平城京および平安京を、朱雀大路(すざくおおじ)を境として東西に分けた西側。西の京。⇔左京
京都市北西部の区名。嵯峨(さが)高雄などの名所旧跡、天竜寺大覚寺などの名刹(めいさつ)がある。昭和51年(1976)桂川以西を西京(にしきょう)区として分離。平成17年(2005)京北(けいほく)町を編入。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うきょう【右京】

〔皇居から見て右にあたるので〕 平城京・平安京の西半部。朱雀大路すざくおおじを境として東西に分けた西側。西の京。
京都市の最西端の区。嵯峨野・小倉山・仁和寺・広隆寺など名所史跡に富む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の右京の言及

【平安京】より

…京域は南北に9条(正確には北辺郊の半条分が加わる),東西は朱雀大路より東西京極路まで4坊に分かち,1坊は16町,1町は32戸主(へぬし)に分けられ,1戸主(5丈×10丈)が最小の宅地区画とされていた。 平安京は,このような条坊制に基づき町づくりがなされたが,沼沢地の多かった右京については,当初から造成不十分なところも少なくなかった。10世紀後半の成立になる慶滋保胤(よししげのやすたね)の《池亭記》は,右京には去る者はあっても来る者はなく,左京に人口が集中していると指摘している。…

※「右京」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

右京の関連キーワード京都府京都市右京区山ノ内西八反田町京都府京都市右京区太秦帷子ケ辻町京都府京都市右京区山ノ内御堂殿町京都府京都市右京区太秦青木ケ原町京都府京都市右京区龍安寺西ノ川町京都府京都市右京区太秦和泉式部町京都府京都市右京区西院南井御料町京都府京都市右京区山ノ内北ノ口町京都府京都市右京区山ノ内五反田町京都府京都市右京区太秦井戸ケ尻町京都府京都市右京区山ノ内瀬戸畑町京都府京都市右京区龍安寺塔ノ下町京都府京都市右京区龍安寺玉津芝町京都府京都市右京区龍安寺衣笠下町京都府京都市右京区太秦御所ノ内町京都府京都市右京区西院東淳和院町京都府京都市右京区龍安寺五反田町京都府京都市右京区龍安寺池ノ下町京都府京都市右京区山ノ内山ノ下町京都府京都市右京区太秦小手角町

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

右京の関連情報