コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪盛澄 すわ もりずみ

2件 の用語解説(諏訪盛澄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

諏訪盛澄 すわ-もりずみ

?-? 平安後期-鎌倉時代の武士。
信濃(しなの)(長野県)諏訪下社大祝(おおはふり)(神職)。京都城南寺流鏑馬(やぶさめ)に出場した弓馬の名人。源義仲の挙兵にくわわり,義仲滅亡後鎌倉に出向くのがおくれ,源頼朝のとがめをうけ梶原景時にあずけられる。文治(ぶんじ)3年(1187)鶴岡八幡宮放生会(ほうじょうえ)のとき弓馬の妙技を披露しゆるされた。本姓は金刺(かなさし)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

諏訪盛澄

生年:生没年不詳
平安末・鎌倉前期の武士。信濃国(長野県)諏訪下社大祝 (神官)。本姓金刺氏。もと平家の家人で,長年在京していたため関東参向が遅れ,鎌倉に連行されたが,弓の芸に秀でていたことから頼朝に惜しまれ,死を免ぜられ囚人となった。盛澄の弓は藤原秀郷流の秘訣を相伝し,在京中には鳥羽城南寺祭の流鏑馬射手を勤めたこともあるほどの腕前であったという。文治3(1187)年,鶴岡放生会の流鏑馬射手に召し出され,悪馬を乗りこなし見事に的を射抜き,さらに5寸の串に小土器を挟んだ難しい的を射抜くという妙技を披露し罪を許された。以後,頼朝に仕え,的始や鶴岡神事の流鏑馬などの射手を何度も勤めた。

(澤野泉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諏訪盛澄の関連キーワード泉親衡信濃信濃路粟田口国頼入長定岩本将監佐藤寅太郎高木昌秀中野能成樋口兼光

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone