論詰(読み)ろんじつめる

精選版 日本国語大辞典「論詰」の解説

ろんじ‐つ・める【論詰】

〘他マ下一〙
① きびしく論じて相手が何も言えないようにする。
※史記抄(1477)五「しかと秦に当て論しつめたぞ」
② 論じて結論を出す。徹底的に論じる。
※殿村篠斎宛馬琴書簡‐文政五年(1822)閏一月一日「去年二月比呈し候こぢつけの議論は、もはや事済候なごり故、貴答に不及趣、御尤に奉存候。論しつめて益なき事に奉存候」

ろん‐きつ【論詰】

〙 論じつめること。言いこめること。
※東京朝日新聞‐明治三九年(1906)五月二〇日「女史は病を推して東奔西走し、説破論、遂に本願寺より慰問使を派遣する事となり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「論詰」の解説

ろん‐きつ【論詰】

[名](スル)問い詰めること。論じなじること。「舌鋒鋭く論詰する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android