コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女史 ジョシ

デジタル大辞泉の解説

じょ‐し〔ヂヨ‐〕【女史】

《昔、中国で、記録の事務を扱った女官の称から》
社会的地位や名声のある女性を敬意を込めていう語。また、その女性の名前に添えて敬意を表す語。
昔、文書の事務を扱った女官。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じょし【女史 nǚ shǐ】

中国では古来,天子の記録官として史官が置かれたが,これに対応して後宮には女を置いた。ここから転じて学識ある女性の呼称となった。女史の制度はすでに《周礼(しゆらい)》に見え,女奴の文字に通じた者を充てたという。漢代では天子の起居注も女史の役目であったらしい。唐代女史の一つに彤史(とうし)という官があるのは,女史が彤管(赤い軸の筆)を用いたことに由来する。西晋張華の〈女史〉は賈皇后の不品行を風刺するために後宮女姓の訓戒を説いたもので,これがさらに《女史箴図》を生んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じょし【女史】

見識や教養が豊かで、社会的に活動している女性。また、そういう女性に対する敬称として名前の下につける語。
律令制の女官の一。後宮で、文書の事をつかさどった。
古代中国で、王后の礼事、後宮の記録などをつかさどった女官。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

女史の関連キーワード園遊会(マンスフィールドの短編小説集)国連ニカラグア選挙検証監視団マスターズ・ジョンソン報告クリストフ エッシェンバハエグベルト ギスモンティオードリー ヘプバーン熊本県熊本市中央区黒髪マウントエディスカベルビン・ビル・キリッセバーナード ブロックアニセー アルヴィナシーラ ディレイニーマイケル ハウエルドルトン・プランジャン フランセキース エンゲンタオスラナリィ像ギル シャハムホアン モンラ大須賀 さと子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女史の関連情報