諸士(読み)しょし

精選版 日本国語大辞典「諸士」の解説

しょ‐し【諸士】

〘名〙 (「しょじ」とも) 多くのさむらい。多くの士人。しょさむらい。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)八「士、時に遭て」
仮名草子・身の(1659)上「諸士(ショシ)したじたにまでも〈〉百性等をなやます者あらば、すみやかに罪科に行べし」 〔史記‐灌夫伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android