諸根(読み)しょこん

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐こん【諸根】

〘名〙 仏語。肉体、感覚器官、精神作用など人間の有するさまざまな機能。
※康頼宝物集(1179頃)下「眼くらく諸根不具にして立事を得ず」
※貞享版沙石集(1283)四「いまいま諸根をすてんとして、勇猛の心をおこす。軍の陣にて命をすてんとするにたとふ」 〔法華経‐譬喩品〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android