謎本(読み)なぞぼん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

謎本
なぞぼん

架空の存在であるテレビドラマ映画ヒーロー主人公を,あたかも実在しているかのように分析研究する本。ブームのきっかけとなったのは漫画サザエさん』の主人公,磯野家の人々を研究の対象として 1992年末に出版された『磯野家の謎』。マニア向けに出版されたものが,国民的な人気者を研究対象としたためベストセラーとなった。また続編,類似本ともヒットしたのを受け,漫画『ドラえもん』,映画の『男はつらいよ』,テレビの『水戸黄門』などをテーマに各社が出版を競った。今や分野も,相撲,野球,皇室,政治などにまで及んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

謎本の関連情報