コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謙道宗設 けんどう そうせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

謙道宗設 けんどう-そうせつ

?-? 戦国時代の僧。
渡来人ともいわれる。大永(たいえい)3年(1523)大内義興(よしおき)派遣の遣明船正使として,副使月渚(げっしょ)永乗とともに明(みん)(中国)の寧波(ニンポー)にわたる。同時期に到着した細川高国派遣の遣明船を明当局が優遇したため,細川船の正使鸞岡(らんこう)瑞佐を殺害。町で放火や略奪をおこなった(寧波の乱)。事件後,勘合貿易は大内氏が独占した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

謙道宗設の関連キーワード戦国時代渡来人宋素卿宗設

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android