警固所(読み)けいごしょ

大辞林 第三版の解説

けいごしょ【警固所】

平安時代、大宰府に置かれた、外敵に対する警固の役所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けいご‐しょ【警固所】

〘名〙 平安時代、防人司(さきもりのつかさ)が廃止された後に九州博多地方を警固するために設置された役所。貞観一一年(八六九)新羅(しらぎ)の賊が博多に侵入した事件をきっかけに俘囚一〇〇人を博多に移し、大宰権少弐の指揮下に危急に備えた。以来、一二世紀初めまで活動した。けごしょ。
※赤星文書‐長保六年(1004)一一月一九日・大宰府牒案「其中観世音寺料寄入警固所領田弍拾町為不輸租田、永令其料

けご‐しょ【警固所】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android