護国(読み)ゴコク

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 国をまもること。
※続日本紀‐天平宝字三年(759)六月丙辰「何者、修行護国、僧尼之道」
※平家(13C前)二「此日域の叡岳も帝都の鬼門に峙ちて、護国の霊地也」
[2] 「ごこくじ(護国寺)」の略。
※雑俳・柳多留‐一〇五(1828)「護国に光る二面なき御手鏡」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android