コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

護国寺 ごこくじ

10件 の用語解説(護国寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

護国寺
ごこくじ

東京都文京区大塚にある新義真言宗豊山派の寺。神齢山悉地院と号する。天和1 (1681) 年,徳川綱吉の生母桂昌院の願によって創立したもの。亮賢の開基。享保2 (1717) 年神田にあった護持院が焼けたのち,護持院と称したが,明治になって護国寺という名に戻った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ごこく‐じ【護国寺】

東京都文京区大塚にある真言宗豊山(ぶざん)派別格本山。山号は神齢山、院号は悉地院。開創年代は天和元年(1681)、開基は桂昌院、開山は亮賢。18世紀初め神田の護持院焼失後護持院と称したが、明治になり旧寺号に復した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

護国寺【ごこくじ】

東京都文京区大塚にある真言宗豊山(ぶざん)派の寺。1681年徳川綱吉が生母桂昌院の願いにより創建。開基は亮賢,如意輪観音が本尊。護持院火災後その名を称したが,明治以後旧に復した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

護国寺

 本橋町にあるお寺で、鎌倉時代につくられた笠塔婆[かさとうば]という死者を供養するための石塔があります。いつ建てられたかはわかりませんが、当初は宝積寺[ほうしゃくじ]と呼ばれていました。しかし、三田尻宰判[みたじりさいばん]の中に同じ名前があるので、江戸時代の中頃に護国寺という名前に変わりました。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

護国寺

東京都文京区にある寺院。1681年創建。真言宗豊山派大本山。本尊は如意輪観世音菩薩。徳川綱吉の生母、桂昌院により創建。月光殿は国の重要文化財に指定。

護国寺

沖縄県那覇市にある寺院。1368年創建。宗派は高野山真言宗、本尊は聖観世音菩薩。当時の琉球国王、察度(さっと)王の勅願寺として建てられた。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごこくじ【護国寺】

東京都文京区にある真言宗豊山派の寺。山号は神齢山。5代将軍綱吉の生母桂昌院の帰依を受けた亮賢僧正を開山とし,1681年(天和1)に創建された。亮賢は上野国八幡別当大聖護国寺の住持で,綱吉の安産を祈って験があったといわれる。同じころ,将軍母子の帰依を受けて隆盛を極めていた護持院が,1717年(享保2)の大火で灰燼(かいじん)に帰すと,幕府は再興を許さず,その地を合併して当寺を護持院と改め,境内の観音堂を護国寺と改称させてしまった。

ごこくじ【護国寺】

沖縄県那覇市にある高野山真言宗の寺。山号は波上山。開山は,縁起や史書には薩摩国坊津一乗院より来琉した頼重法印とし,1384年に入滅したという。しかし,その護国寺は浦添城(現,浦添市)近くにあったもので,現在の寺は現所在地にあった大安禅寺が廃絶した跡に日秀上人が開創したとの説もある。琉球真言宗の本山で役知50石の官寺。波上宮(なみのうえぐう)を併置していた。正月11日の御祈禱,5,9月の御祈念,12月の仏名会を国王の居所で(仏名会はのち当寺で)行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ごこくじ【護国寺】

東京都文京区大塚にある新義真言宗豊山派の大本山。山号は、神齢山。1681年徳川綱吉の母桂昌院の願で建立。護持院と称したが、明治初年護国寺に改称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

護国寺
ごこくじ

東京都文京区大塚にある真言宗豊山(ぶざん)派の別格本山で、同派の関東における中心である。正式には神齢山(しんれいざん)悉地院(しっちいん)大聖護国寺と称し、東京小石川の音羽(おとわ)にあるので音羽の護国寺の名で知られている。1681年(天和1)5代将軍徳川綱吉(つなよし)の生母桂昌院(けいしょういん)の発願で雑司ヶ谷(ぞうしがや)大塚薬園の地に創建。開基は亮賢(りょうけん)。本尊の如意輪観音(にょいりんかんのん)は桂昌院の持仏。当時、これと並んで江戸神田御門外に柳沢吉保(よしやす)を奉行(ぶぎょう)として護持院が創建されたが、1717年(享保2)に焼失し、当時の将軍吉宗(よしむね)は再建を許さず、音羽の護国寺を護持院と改称、境内の観音堂を護国寺と称し、以後護持院の住職が兼住し、両寺領あわせて2700石を有した。1724年(享保9)に幕命により長谷寺小池坊派に所属したが、明治維新後両寺を統一し、護持院の寺号を廃止して現在に至る。現在の本堂(観音堂)は1697年(元禄10)の建立で七面七層入母屋造(いりもやづくり)、月光殿は園城寺(おんじょうじ)日光院客殿を明治維新後に移築した桃山期の代表的書院造で、本堂とともに国の重要文化財。寺宝に尊勝曼荼羅図(そんしょうまんだらず)、金銅五鈷鈴(ごこれい)(いずれも国重要文化財)などがある。境内には不昧軒(ふまいけん)、仲磨堂(ちゅうまどう)、茶室などもある。[祖父江章子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

護国寺の関連キーワード沖縄県那覇市曙沖縄県那覇市久米沖縄県那覇市久茂地沖縄県那覇市楚辺沖縄県那覇市辻沖縄県那覇市泊沖縄県那覇市西沖縄県那覇市牧志沖縄県那覇市与儀沖縄県那覇市若狭

護国寺の関連情報