谷底平野(読み)こくていへいや

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷底平野
こくていへいや

谷の中を流れる川の側刻によるか、既存の谷になんらかの原因によって堆積(たいせき)が行われるかして生じた低地。谷床平野ともいう。外国では氾濫原(はんらんげん)と同じ意味に用いていることもある。側刻によって生じた谷底平野は一般に堆積物が薄い。堆積によって生じた場合には、厚い堆積物が以前の谷底や谷壁斜面を不整合に覆う。このような谷を埋積谷という。山茂美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android