コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊斟渟尊 とよくむねのみこと

1件 の用語解説(豊斟渟尊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊斟渟尊 とよくむねのみこと

記・紀神話にみえる神。
天地創造の際に登場する。天地の間に混沌としたものが雲のようにただようさまを神格化したものという。「日本書紀」では別に豊国主尊(とよくにぬしのみこと)。「古事記」では豊雲野神(とよくもののかみ)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone