コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田利三郎 とよだ りさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊田利三郎 とよだ-りさぶろう

1884-1952 大正-昭和時代の実業家。
明治17年3月5日生まれ。大正4年伊藤忠を退社し,豊田佐吉娘婿となる。豊田紡織常務をへて15年豊田自動織機製作所社長,昭和23年会長。この間の昭和12年トヨタ自動車工業の初代社長となった。昭和27年6月3日死去。68歳。滋賀県出身。東京高商(現一橋大)卒。旧姓は児玉

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の豊田利三郎の言及

【豊田佐吉】より

…40年間にわたる織機の研究と改良の結果,彼の発明特許は日本で100以上,外国でも50以上に達し,世界各国からも注目を集めた。晩年は,養嗣子の豊田利三郎に自動織機の事業(豊田自動織機製作所)を,そして長男の喜一郎には自動車製造(トヨタ自動車工業)の夢を託した。【由井 常彦】。…

※「豊田利三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豊田利三郎の関連キーワード昭和時代実業家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android