コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田佐吉 とよださきち

8件 の用語解説(豊田佐吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊田佐吉
とよださきち

[生]慶応3 (1867).2.14. 遠江国,吉津
[没]1930.10.30. 名古屋
豊田式自動織機の発明者。機大工(はただいく)の子に生まれた。新学制によって初等教育を受けた最初の世代。若い頃から発明家を目指し,1897年に豊田式木製動力織機を発明,1898年 60台の織機で綿布の生産を開始した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とよだ‐さきち【豊田佐吉】

[1867~1930]発明家・実業家。静岡の生まれ。日本で最初の木製動力織機を発明、のち豊田式織機株式会社を設立。大正13年(1924)杼換(ちょかん)式自動織機を完成、その特許権使用料をトヨタ自動車創業の基礎とした。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

豊田佐吉【とよださきち】

発明家,実業家。静岡県の人。大工職の家に生まれる。当時の手織機の改良に熱中し,人力織機,次いで木製動力織機を発明した(1897年)。1924年には自動織機を完成,これを製造する豊田自動織機製作所(現豊田自動織機)を創立した。
→関連項目湖西[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊田佐吉 とよだ-さきち

1867-1930 明治-昭和時代前期の発明家,実業家。
慶応3年2月14日生まれ。豊田喜一郎の父。明治30年木製動力織機を発明。大正7年豊田紡織を設立。織機の改良をかさね,14年豊田式自動織機を完成。15年豊田自動織機製作所を創業。昭和4年イギリスのプラット社に自動織機の特許権を譲渡した。昭和5年10月30日死去。64歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。
【格言など】人のやったことは,まだ人のやれることの百分の一にすぎない

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

豊田佐吉

没年:昭和5.10.30(1930)
生年:慶応3.2.14(1867.3.19)
明治大正期の発明家。豊田自動織機の発明者。遠江国(静岡県)吉津村の大工・伊吉の長男。早くから織機改良に関心を持ち,明治23(1890)年木製人力織機を開発したのを手始めとして,次々に改良織機を世に出した。特に日露戦争後間もなく発明した軽便で輸入品より遥かに廉価な力織機は,地方中小織物業の力織機化を急速に推進するうえで重要な役割を果たした。ものつくりへのこだわりは,佐吉をバックアップした三井物産との意見対立を招いたこともあったが,三井物産の中にもよき理解者を得,テスト工場を兼ねた紡織工場(のちの豊田紡織)を建設して織機改良を重ねた結果,大正14(1925)年末,遂に念願の自動力織機を完成,翌年豊田自動織機製作所を設立,「世界の織機王」の名声を得た。マジックルームと称されたこのプラントの特許使用権は,昭和4(1929)年英国プラット社に譲渡されたが,その譲渡代金は自動車開発資金に充用され,豊田自動車成立の礎石のひとつとなった。<参考文献>揖西光速『豊田佐吉』,田中忠治『豊田佐吉伝』

(西村はつ)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とよださきち【豊田佐吉】

1867‐1930(慶応3‐昭和5)
豊田式自動織機の発明家。静岡県の貧農の出身で,名古屋に出て織物工場の職工となり,ついで小型の織機の製作にうちこみ,1897年豊田式動力織機を完成し,99年には自動織機の特許を受けた(1924完成)。これは三井物産の援助もあって,中小の織物工業者に歓迎された。さらに日露戦争の前後には小幅の半木製の織機から広幅の鉄製織機に至るまで各種の織機を次々に発明し,発表した。もっとも彼はあくまで発明家であって,当時は実業家ないし経営者的性格をもたなかったから,三井物産と中京・関西の資本家が出資して,彼とともに織機の大量生産と販売を試みた名古屋織布会社(1905創立)や豊田式織機株式会社(1906創立)は,いずれも成功しなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とよださきち【豊田佐吉】

1867~1930) 自動織機の発明者。静岡県生まれ。すぐれた自動織機の完成など紡織業に貢献。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊田佐吉
とよださきち
(1867―1930)

織機の発明家、事業家。慶応(けいおう)3年2月14日、遠江国(とおとうみのくに)(静岡県)敷知(ふち)郡吉津村(現、湖西(こさい)市)に生まれる。家は代々農業で、父は大工を兼業していた。村の妙源寺で寺子屋教育を受けたのち、小学校を卒業し、父の大工仕事を手伝った。[山崎俊雄]

発明家への道

村の勉強会で読んだS・スマイルズ著・中村正直(まさなお)訳の『西国立志編』(1870~1871刊)に感激し、1885年(明治18)に公布された専売特許条例に刺激されて発明家を志した。故郷は遠州木綿の産地であったが、織機は幼稚なバッタン手織機で、1日に白木綿を2~3反しか織ることができなかった。そこで織機の改良を志し、発明に夢中になった。1890年4月、東京・上野の第3回内国勧業博覧会を見学した際、出品された外国製機械からヒントを得て同年11月、木製人力織機の発明に成功し、翌1891年5月最初の特許(第1195号)を得た。これは輸入バッタン織機を改良したもので、投杼(とうひ)と筬打(おさうち)を結合させて作業を容易にし、織手の熟練を不要にし、能率、品質ともに向上させた。しかし不況で織機製造の出資者が得られなかったため、特許を利用して自立しようと、1891年東京・浅草に機屋(はたや)を開業した。発明家の彼はこの事業に失敗し、妻とも別れ、偶然の思い付きから発明した糸繰返機(かせくりき)を市販するため、1895年、名古屋に豊田商店を創立した。[山崎俊雄]

自動織機の研究

1896年木鉄混製動力織機を発明、翌1897年特許を申請し、1898年に特許を得た。これは日本最初の小幅綿織物用の動力織機である。1897年には再婚し、石川藤八(とうはち)(1843―1914)と乙川綿布(おっかわめんぷ)合資会社を設立、織機の製造と織布業を開業した。動力織機の能率は高く、女子工員1人当りの生産性は4倍以上、製織コストは半分以下となった。この織布は三井物産に認められ、1898年共同で合名会社井桁商会(いげたしょうかい)を設立したが、発明は企業経営と両立せず、1902年(明治35)独立して豊田商会を設立、1906年、さらに豊田式織機株式会社の創立とともに同社の取締役技師長となった。その間、発明に専念し、経糸(たていと)送出装置(1901)、自動杼換(ひがえ)装置(1903)、管換(くだがえ)式自動織機(1904)、環状織機(1906)などを発明した。しかし、自動織機への研究投資に反対されて同社を辞任、外遊の途についた。1911年帰国すると、名古屋に豊田自動織布工場を創設、1914年(大正3)ごろには自動織機に関する重要な特許を次々と出願した。
 彼に残された課題は、この織機を徹底的に試験し、改良することであった。第一次世界大戦による好況期に彼の工場も発展を続け、紡績から織布までを一貫する試験が開始された。さらに1918年に豊田紡織株式会社を創立、上海(シャンハイ)には豊田紡織廠(しょう)を創立した。戦後、恐慌に襲われ、深夜業廃止を目前にした産業合理化が必至となると、自動織機の研究を組織的に進めるため、1923年愛知県碧海(へきかい)郡刈谷(かりや)町(現、刈谷市)に大規模な試験工場を設立した。とくに1924年、長男の喜一郎が改良し出願(1925年登録)した特許第65156号の杼換式自動織機は、高速運転中にすこしも速度を落とさず、杼を傷つけずに円滑に交換する画期的なものであった。自動織機の完成は、1903年に着想してから22年目のことであった。[山崎俊雄]

国際的評価の確立

1929年(昭和4)イギリスのプラット社Platt Brothers & Co.から自動織機のヨーロッパでの特許権譲渡の交渉を受け、豊田父子の織機は国際的に認められた。昭和5年10月30日死去。佐吉は自動車の研究を進める提案を遺言に残した。その特許権使用料は、かねてから自動織機の発明を助けていた喜一郎によって、国産自動車の研究・開発に向けられ、トヨタ自動車創業の基礎を開いた。遺品や発明した機械は、豊田自動織機の刈谷本社工場に保存、展示されている。[山崎俊雄]
『田中忠治編『豊田佐吉』(1955・トヨタ自動車) ▽豊田自動織機製作所編・刊『四十年史』(1967) ▽豊田自動織機編・刊『挑戦――写真で見る豊田自動織機の80年』(2007)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の豊田佐吉の言及

【自動織機】より

…自動織機はE.カートライトの力織機を出発点とするが,1894年ころアメリカで管替式の自動織機が開発され,1904年には日本に輸入されている。力織機の改良に努力していた豊田佐吉は,26年杼替式自動織機を完成した。彼の発明は日本綿業の発展に貢献したばかりでなく,31年には,当時一流のイギリスのプラット社がこの特許権を譲り受け,世界的に注目された。…

【豊田自動織機製作所[株]】より

…本社愛知県刈谷市。1926年11月,豊田佐吉が同年3月に発明した自動織機の製造を目的として,愛知県刈谷に設立された。同社の自動織機の性能は国際的にも広く認められ,昭和の初期からアジア地域を中心に広く輸出された。…

【綿織物業】より

…その後,89年に京都綿糸織物会社,大阪織布会社と各地に大量の力織機を装備した綿布工場が設立された。また97年には豊田佐吉が木製の力織機を完成,その後これを鉄製に改良,日本の綿織物業の発展に大きく寄与した。しかし粗布などの綿布は軍需以外に内需を見いだせず,中国・朝鮮への輸出に向けられ,その動きは1906年結成の三栄綿布組合(朝鮮向け),日本綿布輸出組合(〈満州〉向け)によって強められ,その結果,綿布輸出は09年に輸入を超え,11年には中国市場においてアメリカを抜いてイギリスに次ぐ地位を占めた。…

※「豊田佐吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

豊田佐吉の関連キーワード豊田自動織機発明権豊田自動織機シャトルズ豊田自動織機製作所[株]G型自動織機阿部彦吉津田米次郎宮崎林三郎発明者豊田式自動織機

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊田佐吉の関連情報