コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹咲大夫 とよたけ さきたゆう

1件 の用語解説(豊竹咲大夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊竹咲大夫 とよたけ-さきたゆう

1944- 昭和後期-平成時代の人形浄瑠璃(じょうるり)大夫。
昭和19年5月10日生まれ。昭和28年豊竹山城少掾に入門し,竹本綱子大夫を名乗る。同年「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)御殿」の鶴喜代君が初舞台。41年豊竹咲大夫と改名。平成11年「仮名手本忠臣蔵」のなかの「山科閑居」で芸術選奨文部大臣賞。19年松尾芸能賞優秀賞。21年文楽切場語りに昇格。24年「ひらかな盛衰記・逆櫓(さかろ)」および「絵本太功記・尼ケ崎」で毎日芸術賞。大阪府出身。近畿大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

豊竹咲大夫の関連キーワード吉田玉男吉田文雀浄瑠璃狂言淡路源之丞内海繁太郎堤春恵鶴沢友路林駒夫吉田簑助(3代)四谷シモン

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

豊竹咲大夫の関連情報