コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹咲大夫 とよたけ さきたゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊竹咲大夫 とよたけ-さきたゆう

1944- 昭和後期-平成時代の人形浄瑠璃(じょうるり)大夫。
昭和19年5月10日生まれ。昭和28年豊竹山城少掾に入門し,竹本綱子大夫を名乗る。同年「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)御殿」の鶴喜代君が初舞台。41年豊竹咲大夫と改名。平成11年「仮名手本忠臣蔵」のなかの「山科閑居」で芸術選奨文部大臣賞。19年松尾芸能賞優秀賞。21年文楽切場語りに昇格。24年「ひらかな盛衰記逆櫓(さかろ)」および「絵本太功記・尼ケ崎」で毎日芸術賞。大阪府出身。近畿大中退。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

豊竹咲大夫の関連キーワード豊竹咲大夫(1世)人形浄瑠璃

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android