コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象徴形式の哲学 しょうちょうけいしきのてつがく Philosophie der symbolischen Formen

2件 の用語解説(象徴形式の哲学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

象徴形式の哲学
しょうちょうけいしきのてつがく
Philosophie der symbolischen Formen

ドイツの哲学者 E.カッシーラーの理論的主著。言語 (1923) ,神話 (25) ,認識 (29) を主題とする3巻より成る。自然科学的認識を対象とする近世的認識論の枠を拡大し,人間精神の営み全般を包括すべく,その内的形式を象徴としてとらえようとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうちょうけいしきのてつがく【象徴形式の哲学】

新カント派の哲学者カッシーラーの主著。1923~29年刊。世界の了解がどのような象徴形式を通してなされるかを分析し、文化のあり方を根本的に解明しようとする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

象徴形式の哲学の関連キーワードオイケンカッシーラーシェーラーファイヒンガーフューラーヤコービモンテカッシーノ理論段数重力の理論薗田坦