コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象徴形式の哲学 しょうちょうけいしきのてつがくPhilosophie der symbolischen Formen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

象徴形式の哲学
しょうちょうけいしきのてつがく
Philosophie der symbolischen Formen

ドイツの哲学者 E.カッシーラーの理論的主著。言語 (1923) ,神話 (25) ,認識 (29) を主題とする3巻より成る。自然科学的認識を対象とする近世的認識論の枠を拡大し,人間精神の営み全般を包括すべく,その内的形式を象徴としてとらえようとした。 G.G.ユングの精神分析学や記号論理学などとともに,20世紀後半における記号論的研究の隆盛を促す一因となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうちょうけいしきのてつがく【象徴形式の哲学】

新カント派の哲学者カッシーラーの主著。1923~29年刊。世界の了解がどのような象徴形式を通してなされるかを分析し、文化のあり方を根本的に解明しようとする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

象徴形式の哲学の関連キーワードエルンスト カッシーラーシンボリック相互作用論イコノロジードイツ哲学芸術記号論言語哲学

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android