コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象徴権力 しょうちょうけんりょくpouvoir symbolique

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

象徴権力
しょうちょうけんりょく
pouvoir symbolique

フランスの社会学者 P.ブルデューによって提起された概念。支配関係の根底にある暴力を婉曲化することを目的とする権力作用を意味している。そのため象徴暴力とも呼ばれる。その機能は支配者側の特定の恣意的な価値の強制,現実の力関係の隠蔽,現存秩序の正統性表象の3つに分類される。この概念は教育や文化の自律性という幻想を解体し,それらの領域に隠された意味の押しつけという不可視の権力行使を明らかにする。価値観の優劣そのものが支配関係の婉曲化された表現にすぎないとする象徴権力の分析は,文化の政治性を読解する視点を提供している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android