コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象徴権力 しょうちょうけんりょくpouvoir symbolique

1件 の用語解説(象徴権力の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

象徴権力
しょうちょうけんりょく
pouvoir symbolique

フランスの社会学者 P.ブルデューによって提起された概念。支配関係の根底にある暴力を婉曲化することを目的とする権力作用を意味している。そのため象徴暴力とも呼ばれる。その機能は支配者側の特定の恣意的な価値の強制,現実の力関係の隠蔽,現存秩序の正統性表象の3つに分類される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone