コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞月斎一叟 ていげつさい いっそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞月斎一叟 ていげつさい-いっそう

?-1830 江戸時代後期の華道家。
江戸の人。正風遠州流の祖貞松斎一馬の門でまなび,貞月斎を名のった。文政13年6月26日死去。姓は佐藤。著作に「遠州流挿花秘伝書住之江」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

貞月斎一叟の関連キーワード民衆を導く自由の女神シャルル赤と黒お蔭参り七月革命歌川広重(初代)大塩平八郎天童藩強制栽培制度天保

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone