コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お蔭参り おかげまいり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

お蔭参り
おかげまいり

江戸時代,お蔭年に行われた群集による伊勢神宮参拝。豊作も商売繁盛も伊勢の神の「おかげ」にひっかけている。伊勢神宮に対する信仰は年ごとに高まり,庶民の間では,老若男女,貴賤貧富の別なく「一生に一度は伊勢参り」という慣習が起った。起源は慶安3 (1650) 年に復活した遷宮であったが,その後ほぼ 60年を周期とし,特にありがたい年としてのお蔭年に盛んであった。慶安3年,宝永2 (1705) 年,明和8 (71) 年,文政 13 (1830) 年,慶応3 (67) 年の5回が特ににぎわった。大挙して参詣したため,仕事から抜け出して参加する者や,家人に内密に抜け出す者が多く「抜け参り」ともいわれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

お蔭参り【おかげまいり】

江戸時代にみられた伊勢神宮への大量群参。神符が降ったなどの神異のうわさを発端にするなどして,各地から群集が集団参拝した。大規模なものとしては1650年,1705年,1771年,1830年の4回が知られ,1771年には約210万人,1830年の際には約430万人が参加したとされる。
→関連項目伊勢参り

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おかげまいり【お蔭参り】

江戸時代,数次にわたりみられた伊勢神宮への民衆の大量群参のこと。御影参りとも書く。1650年(慶安3),1705年(宝永2),71年(明和8),1830年(文政13∥天保1)の4回が著名であるが,このほかにも1638年(寛永15),61年(寛文1),1718年(享保3),23年,30年,40年(元文5)などにも群参のあったことが知られている。 1650年3月中旬から5月まで箱根関所を通過した伊勢へ向かう民衆は1日2500人から2600人に及んだ(《寛明日記》)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のお蔭参りの言及

【家出】より

…【大橋 薫】
[近世]
 江戸時代,家出は伊勢参りや金毘羅詣でといった神社仏閣への信心参詣によるもの,生活困窮によるもの,不行跡のための出奔などがある。宝永,明和,文政,天保とくりかえされた伊勢神宮へのお蔭参りは,無断失跡という家出人たちを含んで数万人規模となったのである。家出は個人単位の行動が多いが,主人も含め家族全員のもある。…

※「お蔭参り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

お蔭参りの関連キーワードええじゃないか踊りええじゃないか伊勢[市]江戸時代流行神抜参り

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android