負グロー(読み)フグロー

化学辞典 第2版「負グロー」の解説

負グロー
フグロー
negative glow

グロー放電中でもっとも光輝の強い部分である.これは空間電荷がこの部分でもっとも大きく,陽イオンと電子の衝突再結合が起こり,励起原子,分子が多量に生成することによる.グロー放電での化学反応は,主として負グロー部と陽光柱において起こる.[別用語参照]放電化学

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android