光輝(読み)コウキ

デジタル大辞泉の解説

こう‐き〔クワウ‐〕【光輝】

ひかりかがやくこと。かがやき。「光輝を放つ」
名誉。ほまれ。「光輝ある伝統

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうき【光輝】

ひかりとかがやき。 「 -を放つ」
光りかがやくような名誉。栄光。 「 -に満ちた生涯」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐き クヮウ‥【光輝】

〘名〙
① (━する) ひかりかがやくこと。また、光。かがやき。〔文明本節用集(室町中)〕
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉附録一二「金玉の指環光(クヮウキ)を放ち」
② 名誉。ほまれ。
※詩序集(1133頃)月下客衣冷詩序〈藤原永範〉「誠是朝之管轄、抑亦国之光暉(ク)也」
※政党評判記(1890)〈利光鶴松〉一「楠正成が忠臣の光輝を万載に放つ所以は」 〔春秋左伝注‐襄公二〇年〕

ひかり‐かがや・く【光輝】

〘自カ五(四)〙 (古くは「ひかりかかやく」)
① 光を放ってきらめく。
更級日記(1059頃)「仏の御丈六尺ばかりにて、金色(こんじき)にひかりかかやき給て」
② 人などが、かがやくばかりに美しく見える。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「あたりひかりかかやきて、見る人眩(まばゆ)きまでみゆ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光輝の関連情報