コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空間電荷 くうかんでんかspace charge

翻訳|space charge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空間電荷
くうかんでんか
space charge

空間に分布する電荷。たとえば電子管陰極から出る電子は陽極電圧が低いと,クーロン力によりあとからくる電子の進行を妨げ,陰極付近に電荷の分布 (電子雲 ) ができる。真空管半導体は普通このような状態,すなわち空間電荷制限電流領域で作動し,電流の大きさが空間電荷に支配される。また,プラズマ中の諸現象や低いエネルギーの荷電粒子ビームのふるまいなどに対しては空間電荷波などが考えられ,空間電荷の効果が重要な役割を果す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

くうかんでんか【空間電荷】

空間に分布している、電気を帯びた微粒子または電子。特に、電子管(真空管)・放電管内の電子群あるいはイオン群の正および負の電荷をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone