コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

負荷曲線 ふかきょくせんload curve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

負荷曲線
ふかきょくせん
load curve

電気工学用語。負荷の変動状況を時間的に表わしたものをいう。負荷の種類によって種々の形状を示し,負荷の特性を示すのに用いられる。一般に,工業地域商業地域,住宅地域などでそれぞれ特徴のある負荷曲線を示す。多くの場合,1日 24時間の負荷曲線が用いられる。このほかに,需要の季節的な変動を表わした年負荷曲線も使用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

負荷曲線の関連情報