コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財形住宅資金融資 ざいけいじゅうたくしきんゆうし

1件 の用語解説(財形住宅資金融資の意味・用語解説を検索)

不動産用語辞典の解説

財形住宅資金融資

財形貯蓄をしている会社員が、住宅を購入する際に利用できる公的融資を「財形住宅資金融資」といいます。
財形貯蓄をしている会社員が対象ですので、自営業や自由業を営む人は利用できません。
さらに、財形貯蓄を1年以上継続し、貯蓄残高が50万円以上あることなど、一定の条件をクリアしている必要があります。
融資方法としては、事業主等による財形転貸融資、共済組合等による財形融資などがあげられます。

出典|不動産売買サイト【住友不動産販売】
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

財形住宅資金融資の関連キーワード勤労者財産形成促進制度財形融資財形財形給付金保険財形貯蓄積立保険財形保険財形給付金保険・財形給付金傷害保険財形貯蓄積立保険・財形貯蓄傷害保険財産形成保険財形住宅融資