コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貫一お宮 かんいちおみや

大辞林 第三版の解説

かんいちおみや【貫一お宮】

尾崎紅葉作「金色夜叉」の男女の主人公、間はざま貫一と鴫沢しぎざわ宮。新派で舞台化された「熱海の海岸」の場面が有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の貫一お宮の言及

【金色夜叉】より

尾崎紅葉の畢生(ひつせい)の長編小説。1897年(明治30)から1902年にかけて《読売新聞》に断続連載。空前の人気作で,漸次刊行され,上演もされて流行歌を生むなど,未完中絶ながら,作者の名を不朽にした名作である。金銭ゆえに許婚者の鴫沢宮(しぎさわみや)に捨てられた有為の学生間貫一(はざまかんいち)が,高利貸に身を落として金への妄執に生きるという物語で,資本主義社会の不滅の主題たる金銭の人間破壊を正面からとらえ,復活を愛の再発見に求めている。…

※「貫一お宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貫一お宮の関連キーワード金色夜叉熱海新派

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貫一お宮の関連情報