買い物弱者

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

買い物弱者

過疎化で近くの商店が廃業したり撤退したりしたほか、足腰が弱くなって買い物に出かけられない人。2008年に出版された「買物難民—もうひとつの高齢者問題」(杉田聡著、大月書店)をきっかけに知られるようになったといわれる。経済産業省は、買い物弱者の状況にある人は全国に約600万人と推計している。

(2014-10-15 朝日新聞 朝刊 石川全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

買い物弱者の関連情報