加工食品(読み)かこうしょくひん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加工食品
かこうしょくひん

農産物,畜産物水産物原料として種々の処理加工,調理により製造された食品総称。最近では古来の素朴な加工 (塩漬加熱,簡単な発酵など) を除外し,近代設備や添加物などを用いた高度な加工技術によった食品をさす場合が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かこうしょくひん【加工食品】

食品の保存性・栄養価などを高めることを目的として加工した食品。 ⇔ 自然食品

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の加工食品の言及

【食品】より

…強化食品には米,押麦,小麦粉,食パン,ゆでめん,乾めん,即席めん,みそ,マーガリン,魚肉ハム,魚肉ソーセージなどがあり,特別用途食品には,低ナトリウム食品,低カロリー食品,低タンパク食品,無乳糖食品,アレルギー疾患用食品,糖尿病食調整用組合せ食品,肝臓病食調整用組合せ食品などがある。
[その他の分類による食品群]
 食品は加工の有無によって,生鮮食品,貯蔵食品,加工食品に分けられる。また,価値観をも含めて,〈健康食品〉〈自然食品〉といわれる一群の食品群もある。…

※「加工食品」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加工食品の関連情報