買置米(読み)かいおきまい

精選版 日本国語大辞典の解説

かいおき‐まい かひおき‥【買置米】

〘名〙 買って貯蔵しておく米。江戸時代では米価を引き上げる目的から、主に市中の商人に買わせて貯える米をいう。
※正宝事録‐二二八二・享保一八年(1733)五月二〇日覚「此間米相場上り候に付、此以後段々米高直に可成と存、買置米仕間敷候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android