コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正宝事録 しょうほうじろく

世界大百科事典 第2版の解説

しょうほうじろく【正宝事録】

1648‐1755年(正保5‐宝暦5)の108年間の江戸の町触を編年集成したもので,これに町方からの訴願・返答書類を付載する。編者は不詳(一説に本八丁堀の前名主岡崎十左衛門)。1778年(安永7)の成立。書名は収録年代の始終の年号により,《正宝録》ともいう。原本は不明で数種の伝写本があり,巻数は一定しない。江戸時代の都市江戸に関する基本史料である。単行本《正宝事録》3巻として刊行されている。【鶴岡 実枝子】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

正宝事録の関連キーワードリスボンル・ナン[兄弟]フロンドの乱忠海鶴屋南北ワルシャワ大学アディソン・ウェスリー・ロングマン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)カント(Immanuel Kant)七年戦争

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android