賀屋恭安(読み)かや きょうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀屋恭安 かや-きょうあん

1779-1842 江戸時代後期の医師。
安永8年11月3日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩校明倫館にまなび,京都で吉益(よします)南涯に師事。のち萩藩主の侍医として江戸藩邸に勤務。天保(てんぽう)11年能美(のうみ)洞庵とともに藩の医学所(のちの好生館)を創設した。天保13年10月14日死去。64歳。長門出身。名は敬。字(あざな)は子恭。号は澹園,榧陰。著作に「好生緒言」「続医断」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android