能美(読み)のうみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

能美
のうみ

広島県西部、佐伯郡(さえきぐん)にあった旧町名(能美町(ちょう))。現在は江田島市(えたじまし)能美町地区。広島湾内の能美島の中央部を占める。旧能美町は、1955年(昭和30)鹿川(かのかわ)町と高田(たかた)、中(なか)の2村が合併して成立。2004年(平成16)安芸(あき)郡江田島町、佐伯郡大柿、沖美の各町と合併、市制施行して江田島市となった。中央部には低地が広がるが、東部と西部は山地となっている。北部の中町港と広島市宇品(うじな)との間に高速船やフェリーが通じている。中町には江田島市役所が設置されている。温暖な気候を利用して切り花の栽培が盛んで、ミカン、トマト栽培やカキの養殖も行われる。広島市への通勤・通学者も多い。

[北川建次]

『『能美町誌』(1995・能美町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能美
のうみ

広島県南西部,江田島市中部の旧町域。広島湾内の能美島中部にある。 1955年鹿川町と高田村,中村の2村が合体して能美町が発足。 2004年江田島町,沖美町,大柿町の3町と合体して江田島市となった。中心集落の中町は能美島の商業地。地峡部を中心として野菜,花卉,ミカンなどの栽培カキ養殖が盛ん。宇品港への船便があり広島市への通勤者も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android