コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能美 のうみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能美
のうみ

広島県南西部,江田島市中部の旧町域。広島湾内の能美島の中部にある。 1955年鹿川町と高田村,中村の2村が合体して能美町が発足。 2004年江田島町,沖美町,大柿町の3町と合体して江田島市となった。中心集落の中町は能美島の商業地。地峡部を中心として野菜,花卉,ミカンなどの栽培とカキ養殖が盛ん。宇品港への船便があり広島市への通勤者も多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

のみ【能美】

石川県南部にある市。手取川南岸に田園地帯が広がる。平成17年(2005)2月に根上(ねあがり)町、寺井町、辰口(たつのくち)町が合併して成立。人口4.9万(2010)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のみ【能美】

石川県南部の市。金沢平野のほぼ中央に位置し、日本海に面する。九谷焼生産の中心地。沿岸の砂丘地帯に電子部品・繊維関係の工場群がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

能美
のうみ

広島県西部、佐伯(さえき)郡にあった旧町名(能美町(ちょう))。現在は江田島(えたじま)市能美町地区。広島湾内の能美島の中央部を占める。旧能美町は、1955年(昭和30)鹿川(かのかわ)町と高田(たかた)、中(なか)の2村が合併して成立。2004年(平成16)安芸(あき)郡江田島町、佐伯郡大柿、沖美の各町と合併、市制施行して江田島市となった。中央部には低地が広がるが、東部と西部は山地となっている。北部の中町港と広島市宇品(うじな)との間に高速船やフェリーが通じている。中町には江田島市役所が設置されている。温暖な気候を利用して切り花の栽培が盛んで、ミカン、トマト栽培やカキの養殖も行われる。広島市への通勤・通学者も多い。[北川建次]
『『能美町誌』(1995・能美町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

能美の関連キーワード石川県能美市吉原釜屋町石川県能美市三ツ屋町石川県能美市下開発町石川県能美市三ツ口町石川県能美市仏大寺町石川県能美市東任田町石川県能美市下清水町石川県能美市浜開発町石川県能美市下ノ江町石川県能美市小長野町石川県能美市金剛寺町石川県能美市五間堂町石川県能美市上清水町石川県能美市大長野町石川県能美市上開発町石川県能美市西二口町石川県能美市三道山町石川県能美市灯台笹町石川県能美市中ノ江町石川県能美市西旭台町

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

能美の関連情報