コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀川玄迪 かがわ げんてき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀川玄迪 かがわ-げんてき

1739-1779 江戸時代中期の医師。
元文4年生まれ。京都で賀川玄悦にまなんで賀川家の養子にはいり,阿波(あわ)徳島藩の藩医となる。安永4年(1775)玄悦の「子玄子産論」を増補して「産論翼」をあらわし,賀川流産科をととのえた。安永8年10月8日死去。41歳。出羽(でわ)秋田出身。本姓は岡本。字(あざな)は子啓。号は有斎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

賀川玄迪の関連キーワード賀川子啓安田石牙片倉鶴陵原南陽

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android