コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資政新篇 しせいしんぺん Zi-zheng xin-pian; Tzü-chêng hsin-p`ien

1件 の用語解説(資政新篇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資政新篇
しせいしんぺん
Zi-zheng xin-pian; Tzü-chêng hsin-p`ien

中国,清末の太平天国内で示された政治改革に関する書。1巻。干王洪仁 玕 (天王洪秀全の族弟) 著。咸豊9 (1859,太平天国9) 年発表。アメリカなど先進国の政治や諸制度を紹介しながら,鉄道,汽船などの交通機関の建設整備,銀行設立や鉱山開発その他の資本主義的な改革の推進を提唱しているが,土地問題には及んでいない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

資政新篇の関連キーワード李鴻章曽国藩胡林翼湘軍上帝会太平天国劉坤一淮軍天京太平天国小銭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone