資本政策

株式公開用語辞典の解説

株式公開準備における資本政策とは、株式公開に向けて、1. 資金調達2. 株主利益の適正な実現3. 株主構成の適正化 を図るための新株発行・株式移動等の計画をいいます。必要な資金を、どのような構成のもとに、いつ、どのような方法で調達するかが重要なポイントとなります。企業は、株式を証券取引所に公開することにより、株式市場を通じ、低コストの資金調達をすることで財政体質を強化し、またオーナー創業者利潤を実現させることができます。このような株式公開のメリットを適正に享受するためにも、また資本政策における最大の注意点である「一度実行した資本手続きは後戻りができない(一度、発行し登記した株式をなかったことに・・・ということはできません)」という点からも、資本政策の策定においては十分な検討が必要になります。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

資本政策の関連情報