資源備蓄(読み)しげんびちく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資源備蓄
しげんびちく

経済セキュリティを確保するため,一定水準の経済活動を維持するのに必要な工業用原材料を輸入,貯蔵すること。石油,石炭,鉄鉱石ボーキサイト,銅,鉛,ニッケル,スズなどが対象となる。経済協力開発機構 OECD加盟諸国では原油消費量の 90日分の備蓄を目標にしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android