コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資金偏在 しきんへんざい

1件 の用語解説(資金偏在の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資金偏在
しきんへんざい

資金がある一定地域や機関にかたよること。 1960年代後半に日本で盛んに議論された現象で,具体的には都市銀行が恒常的に資金不足にある反面,農林系統金融機関や相互銀行信用金庫などが常に資金余剰となっている状態をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の資金偏在の言及

【資金ポジション】より

…そのためコール・手形売買市場(短期金融市場)において,都市銀行はつねに資金の取り手であり,その他金融機関は資金の出し手である。短期金融市場において,こうした資金の一方通行的な流れの状態は資金偏在とよばれている。日本銀行は銀行経営の健全性をはかる見地から,たえず銀行の資金ポジションを是正すべく指導している(ポジション指導という)が,とくに金融引締め期には銀行貸出しの過度の増大から資金ポジションが悪化しないように,その動きを注目し指導にあたっている。…

※「資金偏在」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone