賛嘆・讚歎・讚嘆(読み)さんたん

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐たん【賛嘆・讚歎・讚嘆】

〘名〙
① (━する) 感心してほめること。感嘆して称賛すること。
※万葉(8C後)一六・三八〇八・左注「乃彼鄙人之意彌増妻之情而作斯歌嘆美㒵也」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉二「流石の賊も『此者(こいつ)が面魂を見ろ』と讚嘆したと云ふ」 〔隋煬帝‐重与知者請義書〕
② (讚歎) (「さんだん」と濁る) 仏語。
(イ) (━する) 偈(げ)を唱えて仏徳をほめたたえること。
※観智院本三宝絵(984)下「まさに心をいたして、阿難が恩を思て名をとなへ供養し讚歎すべし」 〔大智度論‐三〇〕
(ロ) 平安初期から行なわれた、国語による仏教讚歌。法華讚歎、百石(ももさか)讚歎、舎利讚歎など。前二者は和歌の体。
※観智院本三宝絵(984)中「薪を荷て迴(めぐる)讚歎の詞云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる