コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百石 ももいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

百石
ももいし

青森県南東部,おいらせ町東部の旧町域。太平洋に面する。奥入瀬川の河口に位置する。 1929年町制。 2006年下田町と合体して,おいらせ町となった。米作のほかキャベツ,ダイコンなどの野菜栽培が行なわれている。かつては沿岸漁業が盛んで,また東北一帯に販路をもつ酒造地としても知られた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

百石
ももいし

青森県南東部、上北(かみきた)郡にあった旧町名(百石町(まち))。太平洋岸沿いに細長く延び、現在はおいらせ町の東部を占める地域。1929年(昭和4)町制施行。2006年(平成18)、上北郡下田(しもだ)町と合併しておいらせ町となった。国道338号が通じる。南の八戸(はちのへ)市との境界を奥入瀬(おいらせ)川が東流して太平洋に注ぐ。砂浜とその背後の海岸段丘からなり、大部分が畑地である。県の野菜産地に指定されており、キャベツ、ニンジン、イチゴの栽培が盛ん。工業団地を造成して企業誘致を図っている。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

百石の関連キーワード讃談・讃歎・讚談・讚歎おいらせ[町]大杯觴酒戦強者おいらせ(町)富森助右衛門山中源左衛門朽木兵左衛門揚がり座敷大杯・大盃狂歌堂島人百積・百石ももちゃん堀部弥兵衛加賀山可政立山[町]山角定勝御持弓頭勝田竹翁清水道閑宮崎重政

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

百石の関連情報