コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賦課式共済事業

1件 の用語解説(賦課式共済事業の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

賦課式共済事業

保険の技術的基礎が確立する以前(現在でも大数の法則が働かない団体ではそうであるが)は、保険事業とよべるものではなく、危険度とは無関係にあらかじめ比較的少額の負担金(掛金)を全員に賦課し、会員中である事故に遭遇した者に対して見舞金程度の一定額を給付するという共済事業が、独立的にあるいは他の事業に附随的に行われていました。この種の事業を賦課式共済事業といいます。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賦課式共済事業の関連キーワード単生保険超過保険動物保険馬術競技基礎工事公保険賦課式保険積立保険料等運用益生命保険の保険料生命保険の主な特約

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone