賦課式共済事業

保険基礎用語集「賦課式共済事業」の解説

賦課式共済事業

保険の技術的基礎が確立する以前(現在でも大数の法則が働かない団体ではそうであるが)は、保険事業とよべるものではなく、危険度とは無関係にあらかじめ比較的少額の負担金(掛金)を全員に賦課し、会員中である事故に遭遇したに対して見舞金程度の一定額を給付するという共済事業が、独立的にあるいは他の事業に附随的に行われていました。この種の事業を賦課式共済事業といいます。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android