大数(読み)たいすう

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐すう【大数】

〘名〙
① 大きな数。また、物の数が多いこと。多数。
※文明本節用集(室町中)「鼠 ネズミ 見吏舎厠中鼠食不潔人大数(たいスウ)驚恐」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉三「英国より他邦に輸出するところの磁器、八億四百万の大数に及べり」 〔史記‐淮陰侯伝〕
② おおよその数。あらましの数。概数。
※百丈清規抄(1462)二「其時に相別廿年になる歟とをせられたれば、十八年でさうと云われた、大数をこそ云たれとをせられたぞ」
③ (副詞的に用いることもある) おおよそのところ。あらまし。ほぼ。だいたい。概略。
※済北集(1346頃か)七「又此三材長百余尺。大数十囲。坦途熟路。賁育難移」
※随筆・胆大小心録(1808)一四四「聞く人追々に行きてほり得たれば、大数二百両につもりしとぞ」

おお‐すう おほ‥【大数】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たい‐すう【大数】

値の大きい数。また、物の数が多いこと。
おおよその数。概数。
おおよそ。あらまし。副詞的にも用いる。
「此の扇子と申す物が、―骨の十本有る物でござる」〈虎寛狂・萩大名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android