コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

質入れ証券 しちいれしょうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

質入れ証券
しちいれしょうけん

倉庫営業者が,寄託者の請求により,預証券とともに発行するものであって,その預証券と合せて,寄託物の引渡し請求権を表章する有価証券 (→倉庫証券 ) となる。寄託物に対する質権設定に利用されるもので,法律上当然の指図証券である。寄託物に対して,質権を設定するには,この質入れ証券に裏書をしてこれをなす。質権設定がなされていないときは,預証券と各別に譲渡することはできない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

質入れ証券の関連キーワード質入れ裏書倉荷証券預り証券

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android