コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉庫証券 そうこしょうけん warehouse receipt

4件 の用語解説(倉庫証券の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倉庫証券
そうこしょうけん
warehouse receipt

倉庫寄託関係において倉庫営業者が発行する有価証券で寄託物の返還請求権を表章するもの。倉庫営業者は,寄託者の請求により,寄託物の預証券および質入れ証券の2券を交付する (複券主義) か,この2券に代えて倉荷証券 1券のみを交付しなければならない (単券主義) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そうこ‐しょうけん〔サウコ‐〕【倉庫証券】

倉庫営業者が寄託者の請求によって発行する有価証券預り証券質入証券倉荷(くらに)証券の総称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そうこしょうけん【倉庫証券】

倉庫業者が寄託者の請求により発行する、寄託物返還請求権を明示した有価証券。預かり証券・質入れ証券・倉荷証券がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

倉庫証券
そうこしょうけん

倉庫営業者が寄託物について発行する有価証券で、寄託物の返還請求権を表章する。寄託中の物品を、倉庫証券によって譲渡・質入れすることができる点にその効用がある。日本の商法は、預り証券質入証券の2券を交付する複券主義(598条)と、これにかえて倉荷(くらに)証券だけを発行する単券主義(627条)とを併用している。しかし実際の取引ではもっぱら倉荷証券だけが利用されている。倉庫証券はこれら3証券の総称である。
 その法律的性質は、要式証券であり、記名式のときでも裏書により譲渡・質入れができ(法律上当然の指図証券)、証券と引き換えによってのみ寄託物の返還ができる(受戻証券)ほか、寄託物の処分はかならず証券をもって行い、証券の引渡しが寄託物の引渡しと同一の効果をもつ(引渡証券)。また、倉庫営業者と証券所持人との間では、寄託に関する事項は、証券の記載によって定まる(文言(もんごん)証券)などの効力が認められている。[戸田修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の倉庫証券の言及

【倉荷証券】より

…倉庫業者に対する寄託物返還請求権を表章する有価証券を倉庫証券というが,倉荷証券はその一種である。倉庫証券は,その交付や裏書のみで寄託物の譲渡しや質入れができるため,寄託物を在庫のまま売買したり金融を受ける必要がある場合に利用される。…

【倉庫】より

…また,倉庫業者が他の流通業者や生産者の倉庫にある物品の保管を引き受ける場合もある(出保管(でほかん))。 第2の機能は倉庫証券(〈倉荷証券〉の項参照)の発行である。これは保管貨物の財産権を有価証券にしたもので,保管物品の売買を倉庫証券の売買で行うことができる。…

※「倉庫証券」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

倉庫証券の関連キーワード寄託倉荷証券倉庫営業保管料倉庫会社預り証券蔵入れ倉庫特約野積倉庫倉庫業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone