コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏書 うらがき endorsement

翻訳|endorsement

7件 の用語解説(裏書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裏書
うらがき
endorsement

いわゆる譲渡裏書をさし,指図証券の譲渡を目的とする証券的行為で,証券の受取人またはその後の所持人によってなされる。そのほかに特殊な裏書として取立委任裏書質入れ裏書とがある。通常,単に裏書という場合には譲渡裏書をさす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

裏書
うらがき
endorsement

古文書や記録の料紙の裏面に書かれた記載のことで,由緒,注釈,考勘,補遺,証明,承認などの意味をもった。また美術作品では,巻子,掛幅などの裏面に書かれた表の内容に関する年紀,注釈,証明,修理の履歴などをさしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うら‐がき【裏書(き)】

[名](スル)
文書・書画などの裏面に文字を書くこと。また、書いたもの。
㋐巻物の裏に、注釈・補遺などを書くこと。また、その文字。
㋑書画の軸物の裏に鑑定の結果を書くこと。また、その字句。
㋒江戸時代、訴状の裏面に、命令あるいは出廷期日などを記したもの。
小切手などの支払いを受ける際、その裏に住所・氏名を書き、押印して、領収の証明をすること。
㋔手形・小切手倉庫証券船荷証券などの指図証券を譲渡する際、証券の裏などに裏書人が必要事項を記載して署名すること。通常は譲渡裏書をさすが、広義には質入裏書取立委任裏書を含む。
物事が確実であることを別の面から証明すること。また、その証明。裏づけ。「陳述を裏書きする事実」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

裏書【うらがき】

手形その他指図(さしず)証券の権利者(裏書人)が普通その裏面に所要事項を記入して署名し相手方に交付する行為。取立委任裏書質入裏書などもあるが,普通は譲渡裏書をさす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

うらがき【裏書 endorsement】

たんに裏書というときは,譲渡裏書を指し,手形や小切手を他人へ譲渡する行為をいう。手形の発祥地であるイタリアで,手形の裏面に譲渡をする旨の記載,署名を行う慣行が生まれ,裏書をさす英語も,イタリア語のin dosso(裏に)に由来する。現在の手形法では,裏書は必ずしも手形の裏面にすることを要求されていないが,実際にはつねに手形の裏面に行われている。裏書は種々の経済的目的のために行われる。所持人がその所持する手形を銀行その他の金融機関あるいは金融業者に裏書譲渡して資金を入手するために行われることが最も多い(手形割引)。

うらがき【裏書】

古文書学,書誌学上の用語で,古文書や典籍の料紙の裏面に書かれた記載をいう。典籍においては本文の注釈をはじめとして,補遺,由緒などが書かれる。いっぽう古文書においては,文書の端裏に加えられた端裏書,端裏銘,さらには表の紙面が足りないため本文の続きが裏に書かれた場合(案文に多い)を除いて,表に書かれた本文に対する指示,命令,承認,保証,証明などが記載される。とくに保証,証明のための文章を裏に書くことを〈裏を封ず〉といい,中世において広く行われた(裏封(うらふう))。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裏書
うらがき

手形、小切手、貨物引換証倉庫証券のような指図(さしず)証券に特有な譲渡方法で、証券上の権利者(裏書人)がその証券に所要事項を記載して署名し、これを相手方(被裏書人)に交付してなされる証券行為をいう。通常は証券上の権利の譲渡を目的とする譲渡裏書をさすが、広義では、裏書人の有する証券上の権利、たとえば手形債権を取り立てるため、その旨を付記してなされる取立委任裏書や、債務の担保として証券に質権(しちけん)設定の趣旨を付記してなされる質入裏書を含む。なお、譲渡裏書の場合ではあるが、特殊な裏書として戻(もどし)裏書と期限後裏書がある。戻裏書とは、証券上の債務者、たとえば手形の引受人、振出人、裏書人、保証人等に対し、これらを被裏書人としてなされる裏書である。本来、戻裏書がなされると証券上の権利と義務が同一人に帰属し、混同により債権が消滅するはずであるが(民法520条)、手形の場合、当事者は相互に実質的に利害が対立する関係ではなく、転々流通する手形の性質上、所持人としての地位に個性がないところから、戻裏書の可能性を認め、それによって手形を取得した者はさらに裏書譲渡ができるものとしている(手形法11条3項)。期限後裏書とは、支払拒絶または満期後になされた裏書で、手形の流通証券としての機能が失われているので、これも正常に流通させる必要がないため、この裏書には通常の指名債権譲渡の効力しか認めず、担保的効力も人的抗弁の切断も認められない(手形法20条1項)。[戸田修三]

裏書の方式

通常は証券の裏面になされるので裏書といわれているが、法律上はかならずしも裏面にする必要はなく、証券の表面、謄本またはそれらの補箋(ほせん)にもなしうる。ただ裏書人の署名のみによって裏書をする場合にはかならず裏面にしなければならない。裏書の方式には記名式裏書と白地(しらじ)式裏書とがある。前者は、被裏書人を指定して裏書人が署名してなされるものであり、後者は、被裏書人を指定しない裏書で、それには、裏書文句を記載して裏書人が署名する場合と、単に裏書人の署名だけでなされる場合とがある。このほか、証券の持参人に対して支払うべき旨を記載した持参人払式裏書の方式もあるが、これには白地式裏書と同一の効力が認められている(手形法11条~20条、小切手法14条~24条ほか)。[戸田修三]

裏書の効力

譲渡裏書の効力としては次のようなものがある。
(1)権利移転的効力 譲渡裏書により、証券上のいっさいの権利が裏書人から被裏書人に移転する。この効力は手形・小切手の場合にはとくに一般の債権譲渡の場合よりも強力で、債務者が裏書人に対してもっている人的関係に基づく抗弁事由をもって被裏書人に対抗できないという人的抗弁の切断が認められている(手形法17条、小切手法22条)。
(2)担保的効力 裏書人は、証券上の債務の履行がなされない場合に、被裏書人などの後者全員に対し担保責任を負っている。これは証券の流通性を確保するために認められた制度であり、一般に裏書が多いほどその証券の信用性が強化される(手形法15条1項、小切手法18条)。裏書にはこのような効力が認められているために、それを回避する意味で裏書を禁止する場合がある。いわゆる裏書禁止手形(小切手)はその一つであり、手形・小切手を担保の目的のために振り出し、ほかに流通せしめないために用いられる。この場合裏書による譲渡はできないが、指名債権譲渡の方式と効力をもって譲渡することはできる。そのほか、無担保裏書と裏書禁止裏書とがある。無担保裏書は、裏書人が裏書をなすにあたり、後者全員に対し担保責任を負担しない旨を記載してなされる裏書である。裏書禁止裏書は、裏書人が裏書をなすにあたり新たな裏書を禁ずる旨を記載してなされるものであるが、この場合は振出人のなす裏書禁止と異なり、単にその裏書人について被裏書人の後者に対する担保責任を免れるという効力を有するにとどまり、直接の被裏書人に対しては担保責任を負う。けっして文字どおり裏書禁止の効力を生ずるものではない。
(3)資格授与的効力 裏書の記載において、裏書の連続のある証券の所持人は、証券上の権利の行使につき、いちおう真の権利者であるとの推定を受ける。証券所持人が権利行使をする場合、つねに実質的な権利を証明しなければならないものとすると、証券を取得するにあたりいちいちその点の調査を必要とすることになり、証券の迅速な流通性を期しえない。そこで、裏書の連続ある証券所持人に権利者としての形式的資格を認め、権利行使を容易にしたのである(手形法16条1項、小切手法19条)。[戸田修三]

裏書の連続・抹消

証券の記載において、受取人が第一の裏書の裏書人となり、第一の裏書の被裏書人が第二の裏書の裏書人になるというようにして、現在の所持人に至るまで裏書が連続していることを裏書の連続という。たとえば、A→B、B→C、C→Dとなっていれば裏書の連続が認められるが、A→B、C→Dの場合は裏書の連続を欠く。最後の裏書が白地式のときは単なる証券の所持人が権利者であると推定され、また、白地式裏書について他の裏書があるときは、その裏書をなした者が白地式裏書によって証券を取得したものとみなされるから、裏書の連続を欠かないことになる。また、抹消された裏書は、裏書の連続については記載がないものとみなされる。裏書の連続の有無は、証券上の記載から形式的に判断すべきであって、かりに同一人であっても表示上同一人と認めがたい場合には裏書の連続を欠くことになる。裏書の連続のある証券所持人は正当な権利者としての推定を受けるから、権利行使に際し自己の実質的な権利を証明する必要がないし、また、この者に履行をした善意の債務者は、たとえその者が真の権利者でなかったとしても、悪意、重過失がない限り免責される(手形法40条3項)。このほか、裏書の連続ある証券を無権利者から善意かつ無重過失で取得した者は、これを返還する義務を負わないという、善意取得の制度が認められている(手形法16条2項、小切手法21条)。なお、裏書の連続を欠いていても、証券所持人は自己の実質的な権利関係を立証すれば、その権利を行使できることはいうまでもない。[戸田修三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の裏書の言及

【為替】より

…支払人はこの割符の裏に,支払日・支払約束文言を記し加判する。受領人は裏書を得た割符によって米銭を受領するという手続であった。支払人が裏書を拒絶した場合,これを〈違割符〉といった。…

【署名】より

…各地で信用を得ていた銀行業者の署名は書記や公証人の認証がなくとも十分に通用したのである。このような手形は14,15世紀に確立し,さらに16,17世紀になると裏書が発生した。こうして署名の社会的重要性はさらに増大した。…

【手形】より

… このように,手形が信用証券として経済上の機能を果たすためには,その流通の円滑性,取引の安全性を確保することが必要であり,法律上も手形には次のような特性が認められる。すなわち,手形の要式は法定されており,その要件を欠く手形は無効であるが,要式を具備していればそれをなすに至った原因関係のいかんにかかわらず,振出し,裏書などの行為自体によって手形上の権利は成立する。その権利内容は手形記載の文言によって決定され,記載文言以外の原因関係や効力からの影響を受けることはない。…

【日次記】より

…藤原師輔の《九条殿遺誡》にも,毎日起床後まず昨日のことを暦記に注すべきこと,要枢の公事については別に詳しく書きしるして後鑑に備うべきことをおしえている。日次記は《御堂関白記》や《水左記》の自筆原本で知られるように,鎌倉時代までは巻子本の具注暦の2~4行の空白に書きつけたものが多く,書ききれないときは裏面に書きつぎ,これを〈裏書〉といった。また藤原宗忠の《中右記》や後崇光院の《看聞日記》のごとく,記主自身が当初の暦記を整理清書した場合も少なくない。…

【付箋】より

…別紙を用いずに本文の対応部分に直接書き入れる場合は〈書込み〉といい,これが本文上欄の余白にあれば頭注,下欄にあれば脚注というが,まとめて注記ともいう。また巻物では,裏面に注記をつけることが多いが,これを〈裏書〉といい,その巻物を折本(おりほん)などに仕立て直す場合に裏書を本文へ書き入れることを〈裏書分注〉という。古文書学をはじめとして,付箋やこれらの注記は,文書や書物の内容がどのように受け取られ,研究されてきたかを知るうえで重要な手がかりとなり,詳細な注解であればそれで一つのテキストとなる。…

※「裏書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

裏書の関連キーワード巻軸暗躍写し裏抜け裏文書謹書透写筆工裏紙碑陰

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

裏書の関連情報