コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

預証券 あずかりしょうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

預証券
あずかりしょうけん

倉庫営業者が,寄託者の請求により,質入れ証券とともに発行するものであって,その質入れ証券と合せて,寄託物の引渡し請求を表章する有価証券となる。寄託物に対する,質権設定以外の処分 (たとえば譲渡) をなすために利用されるもので,証券に指図文句の記載がなくても裏書譲渡できる,法律上当然の指図証券である。寄託物に質権が設定され,質権者が預り証券に債権額などの法定事項を記載すれば,質権設定者は,この預り証券を質入れ証券とは独立させて,譲渡することができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

預証券【あずかりしょうけん】

倉庫業者に対する寄託物返還請求権を表した有価証券で,寄託者の請求により質入証券とともに発行される。寄託物の質入れ後は質入証券と分離するため,原則としてその所持人に証券記載の債権額を弁済して質入証券を取得しなければ,寄託物の返還を請求できない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

預証券の関連キーワード倉荷証券倉庫証券

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android