コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

質庫 しちこzhi-ku; chih-ku

1件 の用語解説(質庫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

質庫
しちこ
zhi-ku; chih-ku

「しっこ」「ちこ」とも読む。解庫,抵当庫,典当舗などともいう。中国で質屋から発展した利貸金融機関。商業の発達した宋代以後成長をとげ,合資の形で資本を拡大し,放債家,質庫戸などが経営にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の質庫の言及

【典当鋪】より

…典も当も日本でいう質の意味。古くは質庫,抵当庫,解庫,解典庫などといい,清代から民国時代にかけては典当鋪(舗),典鋪(舗),当鋪(舗),質当鋪(舗)などと呼ばれた。5世紀,南北朝のころ,貧民救済のために寺院が質庫を設けたのが始まりとされ,最初は社会事業的な性質をもっていた。…

※「質庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone