質種(読み)シチダネ

精選版 日本国語大辞典の解説

しち‐だね【質種】

〘名〙 質に置く物品。しちぐさ。質物
※俳諧・宗因七百韵(1677)「なす筈のかね言ならば少でも〈宗因〉 野となる跡は質だねの露〈弘氏〉」
※浮世草子・世間胸算用(1692)五「酒手の借ところなく質(シチタネ)もなく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android